アリエッティ見ちゃった

夏中にしたかったことのひとつ「借りぐらしのアリエッティ」を見てきました。
大切な人とゆったりとお茶が飲みたくなるステキな映画です。

カフェでお茶もいいけれど、お湯を沸かせてとっておきの紅茶をいれてゆったりと会話とお菓子を楽しむ。人生のなかでこういう時間を大事に紡いでいきたいな。

こども時代の大切な感覚を思い出しました。いつも今が新しく、出来ないことが沢山あって、怖いものがあって、無鉄砲な勇気で世界を見ていたなぁ。
アリエッティの世界の住人だった。

←そのころ(でも、顔がほとんど変わってない。)

物語も先々を大切にする方法ではなくて、今を積み重ねていく描きかたでした。こういう描きかたができるのはジブリの厚みだと思います。答えやテーマを持って日々ってないですもんね。

女の子はいつだって、できないことがあっても勇気をもって頑張る。目に見えることも見えないことも、そして大切なのは、ゆったりと心をかよわしてお茶を飲む。素敵だなぁ。

そうそう、私はハルさんの好奇心も嫌いじゃないな〜。ふふふ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です