未来をつくるソフト

何かをやるときに、それに詳しい人ばかり集めると短時間で合意形成ができる。

でもそれは、とても大切なものを忘れている。そのことにすら、誰も気がつかない。

多様であることは難しい、そをれを乗り越えるだけの価値がある。

私の友人、福森さんと朝倉さんはとってもステキなソフトを作っている。ソフトをつくるための彼女たちはプログラムが書けない。だけどそれがとても大切なのだ。どんなソフトが必要なのかを知っている。

大切なことは協力者をみつけること、そして未来をみつめる視点だと思う。私も彼女たちのように進みたいと思う。

福森さんの【てんじすきゃん】

アイフォンで点字を写真に撮ると、点字がわたしたちの読める文字に変換されます。電車の中や街中でみかけるあのつぶつぶは、なんだか秘密の暗号のように感じていました。それをみえるようにするソフトです。

http://sites.google.com/site/brailleeye/

朝倉さんの【ピッケのつくるえほん】


http://www.pekay.jp/

絵が苦手とか思い込んでいるあなた、ぜひこれで物語をつくってみて。パーツの組み合わせで無限の物語が生まれます。朝倉さんはこどものためにつくったのだけれど、わたしは大人が気持ちを伝える道具として使ったらステキだと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です