商品企画+サービス案をチャートイットで共有化

昨日にひきつづき、こどもちゃれんじ合宿です。
二日目は商品企画とサービス案をグループで考え、それをモトに個人でもう一度あったらいいな〜という商品やサービスを書き出しました。

各グループ話し合いの方法も違うし、書き出し方も違いますがどのグループも自分事として商品やサービスをどうすればいいかディスカッションされていました。

その後はチャートイットのA4の紙に書きこんでいます。なかには下書きをきっちりする熱の入った人もいます。

みんな公開されることや、共有されることになれてきて。見て欲しいところや絵などの工夫をどんどんしてくださいます。

きょうの司会も部長さんです。全員のを見ながら気になる人で止めて、それを書いた人に説明してもらいます。

みんな自分の考えた案をどうどうと説明されます。今回は営業担当60名、制作担当60名の合同合宿だそうですが、部署名を言わないとどこに所属している方なのか私にはわからないぐらい。担当を超えていいものをつくりだしたいというエネルギーに溢れています。

チャートイットの見せ方

テスト

この120人の本気のアイデアは編集されて違う形で共有化されるそうです。

今回ベネッセのみなさんの合宿にチャートイットを使っていただき、更に改良してみんなに使っていただきたいと強く思うようになりました。

大人が本気でものを考える場というのは、本当にすてきです。

ベネッセのみなさん、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です