恋愛のイメージ

【あちら】と【こちら】をつなぐものをつくる。(考える)いま授業のテーマです。

あちらとこちらに何を入れてもOKですが、とりあえずわかりやすいのはネットとリアルです。
変化後と変化前、変化してしまうと変化前に何をどう考えていたのか忘れてしまうのが人間というものです。
そもそも、それに大きな違いなどないはずなのに違うとカテゴリーわけして考えると楽になります。

私と福山大学の杉本さんとで新しく作っているチャートイットという道具は、その中間をつなぐものにしたいと思っています。

その道具をつかって“つなぐもの”を考えることを授業にしてみようと思います。

1回目はどんな道具かみんなに体験してもらうために、カンタンな質問をしてみました。

Q1:恋愛で一番大切にするものはなんですか?
A.容姿
B.(忘れた)
C.フィーリング
D.性格
E.経済力

Q2:恋愛のイメージを絵や図や言葉にしてください。

こんな紙に書いてもらって回収して、スキャンします。すると結果をみんなで共有できるという道具です。

結果はみんなウソつき(笑)なので性格が一番だという答えが一番多いです。
グラフがその場で生成されます。

あとは、みんなが書いたものを見ていきます。

幻…。そうですね〜。


男って大変ですね…。


理想はこうですよね…。

みんなの恋愛観を知ったところで、チャートイットが何であるかは完璧に理解しました。

チャートイットのコンセプトについて少しお話しました。なぜ、いまわざわざ紙であるのか。ネットの体験をリアルに移行することの意味。

チャーットイットをどうあちらとこちらをつなぐための道具にするのか、3人ほどのグループにわかれてもらって考えてもらいました。

つづきは明日。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です