100人で学びあえるメソッド 身体と情報とスキルトロニクス2

ヒモの結び方をケータイで検索するときどんなキーワードをいれるのか。それが大きな問題です。知らない事というのは、調べかたの妥当性もわからないものです。

【ヒモの結び方】

【ヒモ 結び方】→「wiki ひも 結び方」

【救助 結び方】

【結ぶ アウトドア】→「アウトドアとキャンプ用品のブログ」→「まき結び」

【軽い荷物を運ぶ】

【ほどけやすい結び方】

【結び方 ほどきやすい】

この検索方法から、謎がとけてきました。みんな“しっかり結ぶ”と“解けやすい”が同居しているとは思わなかったのですね。検索する前に、最終段階のほどきやすいというゴールにみえていたようです。でも条件は、1時間持ち歩ける。解きたいときにほどきやすいでした。

振り落とされたのですが…それはせっかくできたのに、乱暴な人ですね。(笑)
一時間たえる結び方ではなかったのですね。

そういえば、靴ひもも沢山歩く時は注意深く結びますね。

なるほど、わかりやすい図解です。

できた!というグループに説明してもらいました。一番条件をみたしていた縛りかたをしたところは、一人がバイトでヒモを使った仕事をしているという学生さんがいて、それをやってみせているうちに「それだったら」ととなりの学生さんが工夫をしたチームでした。

わたしもできないので、人のことは言えないのですが、みんなヒモをさわることに不慣れです。ネットにたくさんのヒモの結び方という情報はあるはずなのに、その答えにたどりつくには経験や経験に基づく言語が必要なようです。

情報を身体に落とし込む、身体の情報を言語化する。何か大切なキーワードになりそうな予感です。

レポートはスキルトロニクスについて図解してもらいました。ヒモの結び方でスキルトロニクスを理解した人、そうでもない人がいましたが。どのレポートもとってもユニークなものになりました。これも身体を動かして考えた成果でしょうか。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です