新しい型をつくる

先日、一年前まで市民メディアアドバイザーだった下村健一さんのお話を聞きました。

アドバイザーを辞めた後に霞が関で菅さんの周りにいて、カンフルTVというサイトをつくっていたそうです。まったくしりませんでした。霞が関で働くことは知っていましたが。
http://kanfullblog.kantei.go.jp/2011/04/20110423.html

下村さんは丁寧に一年間やってきたこと、考えたこと、できなかったことなどを交えてカンフルTVを見せてくださいました。わたくし正直言うと政治家への興味の持ち方がわかりません。

TVをみないので、マスコミがどう報道したかにはまったく興味がもてません。関係ない業界の話をされても…強い哲学がなければ面白さがありません。カンフルTVを見て私が知りたいと思ったのは政治をしている人たちです。どんな思いで、どんなちからによって動かされているのか、どんな未来を想像してひとつひとつを決めているのか。そんなことを知りたいとおもいました。

辛辣のようですが、メディアリテラシー業界に大勢いるTV局あがりの人の多くの方は、TVという型しかしません。研究者も実践者も同じです。いまは違う土俵にたっていてもその型が万能だと信じて疑いません。大手メディアのやり方に意義を唱えても未来はつくれないのではないでしょうか。まして、その大きなもののルールでは同じ文脈でしか語られることはありません。

ネットという世界の型は、TV局のそれとは違うやり方があるはずです。根幹に流れているものはどの分野もかわらないはずです。
YouTubeもニコ動も新しい型を作ったので文化が確立されました。

下村さんは霞が関でもうしばらく未来をつくると宣言されたので、わたしはあえて本音をここに書いています。(知人の話をすぐに美談に書く時代もおわりました。というか、終わらせたい。笑)

ぜひ勇気をもって新しい型をつくってください。
TVの型は内側に入ってつくると、どうしてもプロパガンダにみえてしまいます。菅さんの古い友人だからこの視点なんだろうな〜と思うことは良くも悪くもあったと思います。私は数時間で菅さんが好きになりました。それだけの材料を提供されたからです。

 

きょうYouTubeの広告がNHKでした。いままで敵視していた関係が手を組んだのです。価値は視聴率ではなく、響く人動く人にどれだけ情報をとどけられるかの時代になりました。

ネットをみるターゲットに響くやり方は必ずあるはずです。私たちは本当のことを知りたいと思っています。そのままの情報がほしいのです。ぜひ、これからをつくっていく大学生がみたくなるようなものをつくってください。期待しています。


この日アンケート表示にチャートイットを使用させていただきました。ありがとうございました。

_____________________

“霞が関の市民メディア”を目指して 菅内閣での映像広報活動体験報告

講師: 下村健一 (内閣審議官、NPO法人市民がつくるTVF理事)

■主   催: NPO法人 市民がつくるTVF

下村さんには、内閣広報と市民ジャーナリズムの意外な共通項、メディアとしての市民ビデオの可能性とその限界、あるいは、原発事故でますます必要性が高まったメディアリテラシー教育などについて、菅内閣での体験を踏まえて生々しく語っていただき、その後、会場の皆さんとフリートークの時間を設けます。

○公式サイト/事務局のお知らせ
http://tvf2010.org/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です