チャートイットを使った授業@早稲田大学


後期の授業はとても素敵な扉の教室です。
このドアノブにふさわしい学び場にしたいと思います。

講義名は消費社会とメディア(演習)です。登録者30人

授業のテーマは消費者から生産者へのマインドセットです。

学生の価値基準を聞いてみると現状と理想では大きな違いがあるようです。

横軸が消費ー生産、縦軸がモノー情報

一人ひとりを見ると今は物に価値を置いているけれど本当は情報に価値をおきたいと思っていたり、その反対だったり差があります。消費から生産に変更したいというのは、ほとんどの学生の共通点でした。

<Groupwork>

(ケータイ調べ5分+図解書き出し5分 1グループ4,5人)

消費社会とは何か?メディアとは何か?共通点や関連性を導き出す。

ケータイで調べる→グループディスカッション→書きだす→30秒プレゼン(チャートイットを使用)

さすがに3年生です。どのグループも面白い切り口でプレゼンします。

 

Q1 インターネットで(ケータイも含む)情報の検索ができない日本人の割合の予測

A 80% B 50% C 30% D 10% E 5%

学生さんの予測では圧倒的に多かったのは30%でした。実際はどうなんでしょうか。

今後授業で調べてゆきたいと思います。

マインドマップの手法を使ってコミュニケーションマップを作りました。

そのマップをチャートイットで読み込んだ後にランダムに配ります。他の学生のマップを見ながら、その人がどんなコミュニケーションをしている人なのかを分析し20秒で発表します。分析後、本人が自己紹介をします。

これをすることで授業の履修者がどのような顔ぶれなのかを把握しながら、自分たちのコミュニケーションをメタ的に見つめ直します。また自分では気が付かなかったコミュニケーションのパターンや志向が、分析されることでみえてきます。

 

Q1 Facebookについての質問です。

A 登録していない B 使い方がわからない C 使える D そこそこ詳しい E とても詳しい

以外にも登録していない人が一番多い結果でした。まだ授業では発表していませんが、しばらくFacebookでの情報の見せ方をやろうと思っています。ゲストも頼んであります。

では学生はSNSをどのように使っているのでしょうか?体表的な3つTwitter、Facebook、mixiのここ4年間の使い方を書き出してもらいました。

mixiを使っていたけれどTwitterとFacebookに移行しつつある人

何も使っていない人

 

Twitterを去年あたりかた使いだした人

mixiに熱中していたけれどTwitterに移行し、Facebookの使用が増えそうな人様々です。

全員の線をひとつにすること、こんなラインが見えてきます。ここ4年間の間にSNSの波が大きくあったこが見えてきます。

来週はFacebookについて授業をします。

いま企業がFacebookなどでどうやって情報を出していけば良いのか模索しています。どんなメリット、デメリットがあるのか。どんな情報をのせると良いのか、誰がどのタイミングで書くのかなど、実際のサイトを分析しながら考えてゆきたいと思っています。

 

“チャートイットを使った授業@早稲田大学” への 2 件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です