ムービーカード×チャートイット@呉

呉青年会議所(呉JC)の主催で呉の市民のみなさんとまちづくりをテーマにムービーカードワークショップが開催中です。

今回は映像をつくるだけでなく、お祭りをつくります。

このワークショップを主催している呉JCのスタッフは本当に素晴らしいです。

本を読んだり人に会って話を聞いたりしたあとに、自分たちの言葉や考えに落としこむ事業を運営されています。

真面目で丁寧で勇気があります。そしてなにより本気です。

市民メディアという言葉も呉JCが使う意味は【市民がメディアを活用して街の良さ自分たちの良さをアピールすること】と定義されています。一般に使う市民メディアとは違いますが、元の意味より根源的なところを目指しているので良いとさえ感じています。

311以降とくにメディア・リテラシー(批判的読み解き)とセットで自分ごとで話す価値や意味は増したと思います。

日常の暮らしやなにげない思いを伴わない言葉は、軽く信頼できないそんな時期がきたと思います。

わたしは思うのです。批判的である前に、自分のごとを大切にできることが未来をつくっていけるのではないかと。そんな思いもあり、呉JC とのワークショップに大いに期待し楽しんでいます。

まちづくりは住んでいる街を知り好きなんだと意思表明することなんじゃないかな。

街を愛する気持ちはつきつめて考えると、自分のことも家族のことも近所の人も大好きになることかな。

参加者のみなさんは、映像をつくりながらどんな好きを発見してゆくのでしょうか。私は呉がかなり好きになりました。

次回ワークショップは7月30日(土)です。とっても楽しみにしています。

今回はムービーカードだけでなくチャートイットもワークショップのなかに組み込んでいます。大人がわくわくしたり何かを発見する場のデザインが進化していっている感じがします。

彼の名前はてつぞ〜くんです。

呉の街は戦艦大和の生まれ故郷でもあります。真面目な話だけでなく、こういうお茶目ができちゃうところも素敵だなぁと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です