傘と手袋

映画アメリを見ていらい素敵なクセを持ちたいと思っています。

主人公のアメリは散歩の途中、石を集めてサン・マルタン運河で水切りをするクセがあるのがあります。なんて秘かで小さな楽しみなんでしょう。この人間らしさに憧れ私も素敵なクセが欲しくなりました。

そこで考えついたのが傘の忘れ物と手袋の忘れものを写真にとることです。しかし、なかなか実行に移せないでいます。今年の冬だけで10コ以上の手袋の落とし物を発見しているのに、立ち止まって撮る勇気がなかなかでません。

落ちている手袋はほとんど片方だけです。そしてなぜか女性ものが多く、さみしそうにしています。

きっと家に帰った持ち主は片方の手袋を握りしめて、カバンのなかやコートのポッケをいろいろと探したあ後、大きなため息をつくはずです。

写真の水玉の傘は、持ち主が慌てて降りてしまったので電車の旅を続けています。傘は旅をしながら考えます。あわてものの持ち主のところに帰ろうか、それとも次の雨で一番早く目があった人と新しい関係をつくろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です