キズ自慢


ふと手を見るとキズが、あっ、なんか気がついてしまったら痛い・・・。
どこでどうやってキズをつけるのでしょうか。過ぎ去ってしまったら原因なんてわからないものです。

一番良いのは気にしないことです。

心にときどき、このビニール袋のように何かが引っかかって取れない。そんなことがあります。

重さもないのに気になってしまいます。風でゆられてパタパタと音を立てます。届かないないと思うとよけいに。

だけど何かの拍子で風で飛んでいきます。そしたら気になっていたことすら綺麗に忘れてしまうのだけれど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です