凛とした女の子におなりなさい

凛とした女の子におなりなさい 阿久 悠

女の子だからといって
ヨワヨワしていたり
メソメソしていたり
何かというと他人を頼りにして
愛しいと思われてみたり
そんな子である必要はないのですよ

助けてやりたいとか
庇ってやりたいとか
守ってやりたいとか
男にとってはいい気分だろうけれど
そんなもの 美徳でも
魅力でもありゃしない

いいかい 女の子だって
強くってもいいんだよ
粗雑であったり
乱暴であったり
不行儀が平気は困るけど

ちょっとした挨拶の誠意と
心地よい微笑の会話と
問われたときにハイと答える
善意さえ感じさせれば
強くっていい

男は自分が弱い者だから
縋りつく子を抱きしめるが
そんなのは三日だけの愛しさ
あとは 只の重荷になる

傷つけないようにハッキリと言い
侮辱を感じさせない態度をしたら
あとは 自由に生きなさい
強く生きなさい
自由で強くてやさしい子を
凛としていると言います

凛とした女の子になりなさい
凛とした……

近頃いないのです

_______________________

「いないんかい!」って本屋で突っ込みをいれてしまいました。
暮らしの手帖の最後に乗っている本の紹介で知り、ずっと気になっていた言葉でした。
なんか、悩んでいたことがスッと一瞬抜け笑っていました。
理想は理想でしかないのです、当事者と他人が望むものなんてズレがあって当然です。

それでも凛として生きたいと思うのはなぜなんでしょうね。
近ごろいない…なんてつぶやきがなかったら後生大事に心に刻み込んでいたかもしれません。ふふふ、あぶない、アブナイ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です