益子陶器市

東京から電車で3時間、益子に早起きして行ってきました。美しい秋晴れのなか陶器を見るのって本当に幸せです。

自分のための日常づかいのマグと妹の結婚祝いにペアマグを買ってきました。

今回は幸運なことに10年間益子の陶器市に通い続けている友達に案内してもらったので、素敵な陶器を沢山みることが出来ました。もらった地図だけではとても、何がどこにあって、どんな雰囲気なのかをつかむことができませんでした。写真はメインの通りで、ふとした駐車場や、丘の上などでも様々なお店が出ていました。

自分のマグは渡辺キエさんの陶器にしました。清楚で大胆で持つとホッとする感じです。ご本人に作品はにていますね。この葉っぱは上からひらひらとふってきました。神様にも愛されるお皿、そんな雰囲気でした。

陶器市ではあるのですが、木工やはちみつ布などを売っているお店もでています。

デザイン工房エッセの須貝さんは建築家出身のジュエリーデザイナーです。シルバーのアクセサリーの写真をとらせていただきました。

建築というバックグラウンドがそこはかとなく形に出て来ていて私はとても気に入りました。手につけたときに苦しくないシルバーアクセサリーは貴重です。両方ともフリーリングになっていて、心地よく美しさをみにつけられます。

今月14日から銀座で個展を開くそうですのです。

http://www.stage-ginza.com/gallerysche/index14.html

ヒジノワはコミュニティカフェです。

猫に魅かれてヒジノワの前の酒屋さんでお話ししていると、お店の方があの人市長さんですよ。「いつも自転車でふらふらと街をまわっているんですよ」と楽しそうにお話してくださいました。後ろ姿の背広の男性が市長さんです。商品についていろいろとお話した後で、袋を買うとついてくるサービス券を「はい。」とプレゼントされました。嬉しい出来事でした。

貸しギャラリーと、店主がどんどん交代するカフェなのですが、本当にいい雰囲気でした。歩き疲れた足と思いカバンをおろして美味しいカフェオレをいただきました。

陶器市は今週日曜日まで開催中です。ぜひみなさん足を運んでください。おすすめです。

“益子陶器市” への 1 件のフィードバック

  1. あ、ここが・・・シルバーの所とか、
    私、病者には危険な場所 ぐふふ。皆さんとキッチンで飲んでたゆったりとした
    コーヒーが今、欲しいです。
    その時間が(^-^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です